ヒアルロン酸ってどんな成分なの?

ヒアルロン酸にコラーゲン、UV等、美容を気にかけていれば誰もが一度は耳にしたことのある言葉は、その実、知ってはいても理解にまで及ばない人も多いものです。化粧品にも配合されているし、とりあえずお肌に良いものだろうという認識が一般的でしょう。しかしこれでは本当に有効で効率的な使用方法も、しっかりとしたお肌のケアもできないというものです。美容を気にするのならば、まずはこれらの本当の役割を知っておくべきでしょう。

ヒアルロン酸ヒアルロン酸の役割とは、潤いを維持したり動きを補助したりというもの。皆さんもご存知の通り、ヒアルロン酸は体のあらゆる場所にあり、私達の運動をサポートしてくれます。例えば目の潤いを保つためにも必要ですし、関節が上手く動くための潤滑油のような役割も担っています。お肌における役割はというと、水分の維持と弾力性を担っていて、いわゆる美肌のためにはヒアルロン酸が絶対に必要となります。重要視されているお肌の成分、コラーゲンは、なんと肌の9割を占める成分です。残りの1割は隙間ではなくプロテオグリカンという成分等があり、このプロテオグリカンの主成分となるのがヒアルロン酸です。少々分かりにくくなってしまいましたが、ようはコラーゲン同士の隙間を埋め、お肌に弾力を持たせてハリを宿らせるのがヒアルロン酸ということです。それでは、ヒアルロン酸とアンチエイジング、そしてエイジングケアを行う際に注意すべきことについて、お肌の仕組みと一緒に見ていきましょう。