紫外線、酸化なども大敵!

紫外線漠然と紫外線はお肌に悪いと知っていても、いまいち理解できないという方も多いことでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸の量が老化肌につながるのは前記の通りで、紫外線はこれらの量を減少させてしまうため、お肌に悪いとされています。もう少し詳しく説明すると、紫外線は真皮にまで届き、コラーゲンやエラスチンの組織を破壊してしまうため、避けた方が良いとされています。また紫外線は表皮にてシミを作ってしまうため、これについても美肌から遠のく原因とされています。日頃からUVケアを行っている人のお肌は、組織がきめ細かく、量についても減少を最小限に留めているため、若々しさが維持できているというわけです。

この他にも細胞の酸化はお肌の大敵です。呼吸によって空気中から取り込まれた酸素は、エネルギーに変換されることなく残ると活性酸素へと変化し、更に迷惑なことに細胞を酸化させてしまいます。細胞の酸化は本来持っている細胞機能を低下させてしまいますので、つまりヒアルロン酸やコラーゲンの量を調節してくれる線維芽細胞も同様に働きが薄くなり、その結果お肌のたるみが生じてしまいます。したがって酸化や紫外線を防ぐことがアンチエイジングに必要不可欠であると言え、これらを効率的に行っていくことが若返りの秘訣になるのです。